格安航空券と旅行や帰省の日程について

青空に雲一つ

格安航空券と旅行や帰省の日程について

格安航空券を購入するときには、日にちの考え方があります。それは旅行や帰省なら自分の都合で日にちを決めることが出来ると思いますので、日にちはチケットの値段で考えるのが一番の格安航空券の活用の仕方ではないでしょうか。

先に日を決めてしまうと

丸の付いたカレンダー
先に仮に旅行や帰省の日にちを決めてしまうと、その日程で販売されている航空券の中からしか選ぶことができなくなります。そうなると、その時期に安いチケットの発売があるかどうかがわかりませんので、なかった場合には格安チケットを利用せずに旅行や帰省をすることになってしまいます。

活用した上で飛行機に乗りたい人は

安いチケットを活用した上で飛行機に乗りたいと思っている人は、最初の行動として、日にちを決めるのはチケットを取ってからにする、これが大事です。安いチケットが発売されている日に合わせて旅行や帰省をするというように都合を合わせることで最大限活用することができます。行きも帰りも日程を決めてしまうと、安いチケットを取ることができなくなります。偶然その時期に発売されていればいいのですがそうではない場合、活用しにくくなってしまうでしょう。詳細な日程はある程度チケットが確定してから考える位の大きな気持ちでざっくりと予定を組んでおくと良いでしょう。

1日ずらしただけでも値段が変わることも

今はネットで予約を取ることができるので、1日予約をずらして値段を見てみることも安易にできるようになりました。もし思っていた以上にチケットが高いということになれば、一度1日ずらしてみるといいでしょう。予約サイトによっては前後の日程の値段が一緒に表示されていることもありますし、前後一週間の予定を一緒に表示していることもありますから、それを見て一番安い日に予約を入れるというのもある意味安い方法かもしれません。

一日で決めてしまわないこと

セールの札
よくあるのですが、今日チケットを買うぞと決めている人はもったいないでしょう。1日でチケットを買うと決めてしまうのではなくて、まずは数日チェックしてみましょう。数日航空券予約のサイトをウロウロしているとだいたいの値段の相場が分かってきますし、セール情報等も目にすることも増えていますので、そのチャンスを利用した上でチケットを購入するようにするとどうでしょうか。1日で決めてしまうと、翌日値段が下がっていたので驚いた、泣いた、というようなことにもなりかねません。