格安航空券とシーズン、季節について

青空に雲一つ

格安航空券とシーズン、季節について

格安航空券を購入したいと思ったとき、これから行く目的地のシーズンがどのようなシーズンなのか考えてください。シーズンというのは季節というよりも、何か行事ごとやイベント、祝日等が重なっているのではないかということです。

日本では値段が高くなるのは?

茄子とキュウリの馬
日本ではゴールデンウィーク、お盆、年末年始は否応なしに、値段が跳ね上がります。ツアーなどを併用しても安い時期の倍以上もすることもあります。シーズンは格安航空券もどうしても左右されてしまいますので、シーズンをきちんと理解しておくことはとても大事なことでしょう。そして日本だけではありません。行く目的地のシーズンも見ておく必要があります。中国や台湾等は旧正月といって2月がとてもトップシーズン扱いになることがあります。2月といえば日本では閑散期とも言える時期ですが、国によってそのシーズンも違っているのです。マレーシアなどもムスリムの休み等がありますので、そういった国のイベントを確認しておくことは大事です。

閑散期もチェックしておく

繁忙期だけでなく逆に閑散期も確認しておいてください。日本では2月6月あたりは狙い目と言われているシーズンです。これも先ほど同様に日本の話ですので、諸外国ではどうなのか、目的地ではどうなのか、確認しておいたほうがいいでしょう。

イベント、行事以外に季節も関係している

シーズンはイベント、行事を見ることと先ほど説明しましたが、それだけでなく、季節もチェックしておきましょう。例えば安いので格安航空券を購入したら、目的地はスコールの多い雨期の時期だったから全く観光もできず最悪だったということもあります。旅行の目的によってはそれでもいいのかもしれないのですが、出張やなにかほかに目的がって渡航する場合には、雨だと困る、寒いと困るということもありますので、やはりシーズンと言われるとある程度は季節も考えたほうがいいかもしれません。しかし逆になんとしても値段だけは抑えたいというのであれば、値段を抑えるために季節を無視するというのも一つの方法かもしれません。どんな天気だろうが、どんな気温だろうが、値段には変えられないという人は、安さだけでチケットを選ぶというのも一つの方法ですので、それはそれで良いでしょう。チケットを選ぶ際は行事やイベントのこと、祝日のこと、そして季節や気温のこともトータルで見た上でチケットを買うことによってスムーズに値段とのバランスを取ることができるでしょう。